• ホーム
  • 公園に近い物件には意外なデメリットが?

公園に近い物件には意外なデメリットが?

子供がいると公園が近い物件というのは大きなメリットのように感じると思います。確かにすぐに近くに公園があればすぐに遊びに行けるし、自然も多い。地震の時には避難場所にもなるもの大きなメリットです。

公園には人通りが多くて人目につくから防犯面が良いと言われていますが、どちらかと言うとプライバシーがなくなってしまうという方が正解だと思います。人通りが多いということは誰が見ているかわからないということでもあり、プライバシーがないということにもなります。

他にも大きい公園でイベントが多かったりすると、公園内にゴミがそこかしこに落ちていて汚いこともあります。それだけではなく渋滞が引き起こされたりと意外とイライラすることも。中にはマンションにゴミを投げ入れられて汚いということもあるので注意が必要です。

他にも公園に付きものなのが騒音トラブル。昼間は子供がいるけれど、夜は夜で若者が集まってきて騒音問題に発展することも少なくありません。子供が騒いでいる声なら昼間だけなので我慢できますが、若者の騒音は夜中にもあるので日常生活にも支障が出てきます。

自然が多い公園では夏になると害虫が大量発生してしまうことも多々あります。蚊やハチ等の害虫が大量発生してしまうと危険ですよね。特に子供は虫を嫌がることも多いので大変です。家の中に入り込まないように対策するのも大変になってしまいます。

更に自然が多いとそこに住み着いている動物も少なくありません。そうすると当然死骸を目にする機会もあります。仕方がないこととはわかっていても死骸を見たら気分が良いものではありませんよね。

公園がある程度近いのであれば、すぐに遊びに行けて楽しむこともできます。でもマンションに隣接しているレベルだとデメリットの方が増えてしまいます。希望している物件の近くの公園はどんな場所か、イベントがあるのか、騒ぐ若者はいないかな、ということを調べておいた方が良いかもしれません。

ずっと賃貸で良いというのであれば賃貸物件というのは意外とメリットが多いものです。管理費用もかかりませんし、何か異常があったら大家さんが負担してくれます。持ち家を購入するよりも総支出が安くなることも十分にあり得るのです。更に持ち家よりも割安で利便性の良いところに住むこともできます。これからのライフプランや子供成長を考えながら、どんなところが良いかなと話し合って、納得のいく物件を探しましょう。