• ホーム
  • ペットと快適に過ごせる賃貸の条件とは?

ペットと快適に過ごせる賃貸の条件とは?

昨今ではペットブームもあって、ペットを飼う方も増えてきています。一般的なものでは犬や猫、鳥やハムスターですが、他にも蛇やイグアナ、ハリネズミ等様々なペットを飼う方がいます。そのため最初からペット可の賃貸も増えてきているのです。

ではどんなマンションならペットがいても快適に過ごすことができるのでしょうか。ペットを飼う以上責任を持つのは飼い主さんです。どういう点に気を付けたら、お互い快適に過ごすことができるのかについて考えてみましょう。

ペット可であっても飼育ルールというものが存在します。それは最低限守らなければならないルールです。例えば共有施設での歩行禁止、というものが通常設けられています。歩行禁止なので、出入りをする時にはケージに入れるか抱きかかえる必要があります。ベランダも共有施設に含まれるので、ベランダに出すのも良くありません。

共有施設で糞をして始末しないのは問題外です。自分のところに糞が落ちていたら気分が悪くなるのは当然ですよね。糞をするのが悪いことではありませんが、片付けをするのは飼い主さんの責任になります。

中には交流スペースが設けられているマンションもありますが、交流スペースはあくまで住民が交流する場所です。飼育ルールにも載っているので確認した上で利用するようにしましょう。

飼育ルール以外の注意点として挙げられるのが体臭問題です。動物が居れば体臭が臭ってしまいます。それが染みついてしまうと、引っ越しの時に壁紙交換代を請求されてしまうこともあるのです。それを防ぐために活躍するのが空気清浄機。空気清浄機を常時つけておいて、体臭が染み付くのを防ぐようにしましょう。

もう一つ気を付けたい注意点は鳴き声です。鳴き声は管理しようがない、と思うかもしれませんが、ペットを飼っていない人にとっては鳴き声が聞こえてくるのは迷惑に感じることもあります。特に犬声が大きいと意外と声が通るもの。知らない人を見て吠えないようにしつけすることは最低限のマナーです。

それでも家の中では自由にしてあげたいし、多少吠えても大丈夫なようにしてあげたいですよね。そのためきちんと防音設備が整っていることを条件として入れておく必要があります。賃貸物件で防音をしっかりしているところは少ないかもしれませんが、子供がいるとペットの鳴き声だけではなく子供の声が漏れるのも防いでくれます。防音設備がどうなっているかはチェックしておきたいところです。